トップス編





「オタク・シャツ」 と 「普通のシャツ」 の決定的な違い

  「オタク・シャツ」 と 「普通のシャツ」 の見分け方は、その 「裾の丈」 にあります。「オタク・シャツ」 とは、裾が無駄に長い物です。これは 「タックイン(=裾入れ)」 が前提で作られているので、裾出しするとダラダラしちゃって最悪です。しかもアイロンがけすらしないもんだから、襟元と裾が延びて、ダラダラに加えクシャクシャ・ズルズル。もう目も当てられません。特に、裾の長いシャツをレイヤード(=重ね着)のインナー(=中)に使って裾出しすると、裾がアウター(=上着)の下からビロビロはみ出ちゃって、オタク・ボルテージはマックス寸前です。( 「タックイン」 が前提で作られているシャツは、裾が長く 「ラウンド・テイル(半円状)になっています。)
 また、長ったらしいラウンド・テイル・シャツを裾出しすると、裾の半円のラインがヒップのラインと見事にシンクロしてヒップが垂れているように見え、 「ぬぼ〜〜〜ん」 とノロマそうな雰囲気を醸し出してしまいます。最悪ですね。このように、裾の長過ぎるシャツはオタクファッションになる危険性が極めて高いので気を付けて下さい。「スクウェア・テイル(四角状)のシャツは基本的に丈の短い物が多く、「裾出し」 が前提で作られているので無難です。見た目もスッキリ・サワヤカです。
 今日では、フォーマル・ウェア(スーツor各種制服)以外の時は裾出しするのが基本ですので、普段着る為のシャツは 「裾出しを前提として作られている丈の短い物」 を選んで下さい。理想は、パンツのバックポケットが半分隠れる位の長さです。最長でもバックポケットの範囲内の物を選んでおくっていう事で。
 補足しておきますが、断じて 「ラウンド・テイル=即NG」 というわけではなく、裾の長過ぎるラウンド・テイル・シャツがダメだという事です。オタクが好んで着ているシャツの裾がことごとく長ったらしいラウンド・テイルであるという事実が最大の要因です。このような危険因子は極力避け、比較的安全な裾の短いシャツを着てみようというのが当サイトのスタンスです。
 また、前述の通り、裾の長いラウンド・テイル・シャツがOKの場合もあります。それは大きく分けて以下の2つです。 もちろん、これ以外にも裾の長いラウンド・テイル・シャツがOKの場合はありますが、脱オタクファッションを考える段階ではそこまで熟知しておく必要はありません。
 ここでオススメを1つ。裾の位置が、袖口よりも5cm〜10cm高い位置にあるシャツ(長袖の場合)は、オシャレに見えるように狙って作ってあるので、お手軽にオシャレ度を高めることが出来ます。レディースに多いデザインですが、メンズでも割と見かけます。こういうシャツは、体のラインがキレイに出るように腰の部分に絞りが掛けてある物もあり、おしゃれ度が高いです。(ただ、そういう 「わざとらしさ」 を嫌がる人もいるかもしれませんが。) とりあえず、最低限裾と袖口の位置が同じ高さにあるシャツを選んで下さい。それ以上裾が伸びている物は 「黄色信号」 と考えて下さい。もちろん、あくまで 「黄色信号」 であって即NGというわけではありませんが、この点を心掛けているだけで失敗は激減するはずです。とにかく、裾の長過ぎるシャツはNGなのです。
 これだけ言っても分からない方は、-Adam et Rope'-などのブランドの美しいシャツを見に行って下さい。アレを目の当たりにした貴方はきっと自己嫌悪に駆られ、着ているオタクシャツもろともその場で焼身自殺したくなる事でしょう。



チェック・シャツについて

 とりあえず、上に挙げた裾の長いラウンド・テイルのチェック・シャツは、もう諦めてさっさと捨てて下さい。ただ、裾の丈の短いシャツならどんな着方をしても良いというわけではありません。ここでは、「チェック・シャツ」 に的を絞って説明していきます。
 まず、第1・第2ボタンを外して、襟からインナーの白・灰色のTシャツ・肌着を見せるのは最悪。まんまオヤジです。「私、肌着着てますぅ!皆さん見て下さぁい!」 と言わんばかりです。シャツのボタンを全て外して着るなら、中は白系でもOKの場合もあります。チェックシャツのインナーにするTシャツの色で一番無難なのは黒ですが、他に合う色と言えば赤・黄あたりですね。ただ、春物の明るい色のシャツの下に黒のインナーを合わせると少し重くなってしまうので、明るめの色を持って来ると良いでしょう。赤・黄・黒なら、以下に挙げたようにどんな着方でも比較的安全と言えます。
 インナーで迷ったらとにかく黒!これは鉄則です。それでもまあ、チェック・シャツの場合それ自体がシンプルなので、インナーには派手目の色を持ってくるのが良いんじゃないでしょうか。
 柄物と合わせる服の色の選択のコツですが、その柄物の柄を構成している色の中の一色であれば、基本的に◎です。覚えておきましょう。これは非常に大事です。
 その他、オタクチェックシャツに替わる物と言えば、 この辺になります。



Tシャツのプリントについて

 とりあえず、オタク定番ブランド のロゴがデカデカとプリントされている物は避けましょう。無難なのは、風景・人物等の四角形のフォト・プリント。特に、被写体がセクシー系ならまず大丈夫です。
 え? 「セクシーな美少女プリントは良いか?」 って? 駄目です。観光地プリント? 駄目です。



Tシャツの生地について

 こういう生地こういう生地 はやめましょう。一瞬でオタク・オーラがみなぎります。



Tシャツの強度について

 首周りが強いかどうかが大きなポイントです。これはほとんど値段に比例するものであり、だいたい5,000円以上出せばある程度の強度を持っていると思って良いでしょう。実際に色々な価格帯のTシャツを触って確かめてみて下さい。安物は引っ張るとすぐに伸びてしまうはずです。



コートについて

 コートを柄物にするとコーディネート上の問題でインナーに柄物が使えなくなるので、基本的にはコート無地×インナー柄物もしくはコート無地×インナー無地という構成にするのが望ましいです。また、コートは真冬には毎日着るので飽きたら終わりです。なるべくシンプルで飽きの来ない物を選びましょう。