日用小物編





本当にオシャレな人は、日用小物に手を抜きません

 初心者が生活必需品以外の余計なアクセサリー (ネックレス、チョーカー、リング、ブレスレット等) に気を回していると必ず失敗します。まずは日用小物 (バッグ、メガネ、ベルト等) から着実に揃えていきましょう。



鞄について

 ショルダーや 三角形のボディバッグ は止め、とりあえず手提げやトートやボストンバッグやヒップバッグでいきましょう。 ショルダーを薦めない理由は、変なリュックや デイパック に次いでオタクがよく使っており、なおかつ垢抜けたデザインの物を選ぶのが難しいからです。例えば有名どころの Paul Smith の黒ショルダーですら 「脱オタクファッション始めたばかりです」 的な大学生がよく身に付けてやたらダサかったりするんで要注意です。今現在使えるショルダーは、本体が小さくストラップの細い女の子専用ミニショルダーぐらいです。
 とりあえずオススメなのは、正統派バッグ会社 「吉田かばん」 のブランド PORTERLUGGAGE LABEL 。 PORTER なら、TANKERシリーズ の品番 622-9308 の3WAYや 622-9312 のリュック (物を詰め込みすぎると途端にダサくなるので気をつけましょう) や 622-9127 のショルダーがオススメ。HEAD PORTER622-0011HP-1108 などのボストンバッグは通販か東京でしか買えませんがかなり良いと思います。 「どこに吉田かばんが売ってるか分からない!」 という方は、「MIO'S EEYAN」 さんに 全国の吉田かばん取扱店の一覧 が掲載されているので参考にして下さい。
 「メジャー過ぎてカブるから」 とPORTER等の吉田ブランドを嫌う方がいますが、そういう方に限って初心者が多い気がします。確かにカブる事はあるかもしれませんが、あれほど合わせやすく飽きの来ないデザインのバッグブランドは他に類を見ないですし、その上価格もそれなりなのでオタクファッション愛用者が身に付けている事はほとんどありません。ですから、少し位カブッていても堂々と胸を張っていれば良いと思います。当サイトの PORTER / HEAD PORTER BEST 2 を下に挙げておきます。
  1. HEAD PORTER TANKER 622-0011
  2. PORTER TANKER 622-9127
 これらは 「脱オタクファッション」 を考える上では最高のアイテムかと思います。
 最近定番化しているブランドと言えば HeM 。リーズナブルで使い易く、女の子を中心に人気です。価格とデザインの両面を考えると今売ってるバッグの中では最強かも。オススメは ドラムバッグ (中)。男の子用には この辺 でしょうか。 MASTER-PIECE はPORTER並の価格帯で LUI'S などに売っています。裏原・ストリート系の人に人気。他には、関西で有名な大阪アメ村の 天使のつばさ なんかも素晴らしいです。ストリート系のバッグを中心にセレクトしているショップで、自社オリジナル物も沢山あります。オススメは ボストーク BLACKリュック全般に関する重大な注意点は、ストラップを調節してヒップの辺りまで下げてルーズに背負う事です。
 安くあげるとすれば、無印良品 のナイロントートの黒 (1,000円前後)。この値段で相当の 「オタク度」 の減少が望めます。トートに抵抗のある人は少なからずいると思いますが、その辺のショルダーより100倍マシなのでつべこべ言わずに使って下さい。 根拠↓
  1. 近年男性ファッション誌で頻繁に取り上げられるようになるほど男性の間で爆発的に普及し、「トート=女性モノ」 という社会通念が完全に覆った。
  2. オタクはあまり身に付けていない。
  3. 単純に合わせ易い。
  4. 特に無印のトートは安くて使い易い為、男女問わず愛用者が多い。
    (安っぽいのが一番のネックなので、金銭に余裕があるなら 革物 をどうぞ。)



眼鏡について

 こういうオタク眼鏡 を掛けている人は、すぐにコンタクトかオシャレなメガネに替えて下さい。「目立つのが嫌だから」 と縁無しメガネを好む方は多いですが、レンズの厚さが際立って逆に目立ってしまう上に耐久性が下がるのでやめましょう。こういう物こういう物 のように、基本的に細めのセルロイド・フレーム (セル・フレーム) を選択して下さい。メタル・フレームよりもやや太いので、レンズが少々厚くてもごまかせます。色は、肌に合う茶色が一番無難でしょう。2本目からは赤なんかにチャレンジしたら良いんじゃないでしょうか。 (ある程度キャラ選びますが。) 値段としては、フレーム/レンズそれぞれ20,000円前後、合計40,000円前後が相場です。上に挙げたオタク眼鏡と比べたら意外に安いんじゃないかと思います。ちなみにビジネス向けには 細いメタルフレーム が基本です。
 眼鏡のレンズは、加工前は こういう形 をしているので、面積が大きくなればなる程、加工した後の厚さ (及びダサさ) は増していきます。従って、レンズ面積の小さいフレームを選ぶという事が大前提となります。また、従来使われてきた球面レンズは、分厚い上に外側が歪んで見えてしまうなどの弊害がありましたが、最近の主流となりつつある非球面レンズであれば歪みはほとんど解消され、更に薄く丈夫である事も特長です。  わずか1mmの差で印象が大分変わってくるため、多少無理をしてでも5,000円や10,000円多く積む価値はあります。何しろ、眼鏡は顔の一部なのですから。
 程度の差こそあれ、無機質な眼鏡は顔をイカツく見せてしまいます。従って、女性の場合は可能であればコンタクトにした方が印象はより良くなるかもしれません。



コンタクトレンズについて

 コンタクトは、ちゃんとした眼科医で処方してもらいましょう。以下は、私の掛かり付けの眼科医の話です。
「 コンタクトレンズは医師免許を持っていればどんな医師でも処方できる点が問題だ。駅前や繁華街によくある激安コンタクトショップにいる医師は眼科医ではない場合が多く、しかも若者が主なターゲットなので、幅広い年齢層のトラブルに対処出来ず、2次トラブルが続発している。コンタクトの処方は、あらゆる年齢層の患者が来院している (=あらゆる年齢層のトラブルに対応できる) 眼科医に依頼すべきだ。 」
 今まで目のトラブル (結膜炎やドライアイや花粉症) に無縁だった方は激安ショップでも問題無いかもしれませんが、ただ、「コンタクトレンズを入れる事」 = 「異物を目に入れる事」 であると覚悟しておく必要はあると思います。



マフラー/ストールについて

 マフラーやストールは、オシャレ度を高めてくれるだけでなく、オタク臭を相当軽減してくれる便利なアイテムなので秋冬には最低2本は欲しい所です。他にもイカツい人/ゴツい人/骨格の太い人の外見をマイルドにしてくれる効果があるので、これらに該当する人は是非マフラー/ストールを購入して下さい。色としては、ベーシックな黒や、秋冬服に合せ易いカーキ/ベージュ/茶色/等のアースカラーをまず買うと良いでしょう。下に例を挙げておきます。


ベルトについて

 私服には、2ツ穴の物 なんか合わせ易いと思います。耐久性を考えると3,000円以上の物が望ましいでしょう。ベルトは股下の浅いローライズのパンツでも穿いていない限りは基本的に見えないので手を抜きがちですが、何かの拍子でオシャレなベルトがチラッと見えたりすると効果抜群であり、あなどれない 「奥の手」 的な存在と言えます。それだけに、スーツの付属のベルトを流用しちゃったりすると大打撃です。



フレグランス (香水) について

 ファッションは、「香り」 を付けて初めて完成すると言われています。サワヤカな物であれば誰が付けても大丈夫ですので、一度試してみて下さい。暑い季節には、無香性の制汗消臭剤と併用すると良いと思いですね。ヒザの裏に付けたり、空気中に一吹き二吹きしてその中をくぐったりすると周りに迷惑にならないマイルドな感じになります。初心者はまず "cK-one" から入ったら良いんじゃないでしょうか。下に参考サイトを挙げておきます。