コーディネート編





オススメしない上下の色のコーディネート

 白白 白黒 黒黒 緑橙 緑赤 etc...
 白白をやる人はなかなかいませんが、さて白黒。一見バランスがとれているようで、実はあまりオススメ出来ません。モノト−ンはシンプルであるがゆえに誤魔化しが効かないからです。また、モノトーンばかり着ていると 「逃げのコーディネートしか出来ない単調でつまらない人間」 という印象を周りに与えてしまうばかりでなく、「俺カコイイだろ?フフン」 と気取っているように見られる危険性すらあります。もしモノトーンを使って恰好良く決めたいと思ったら、何か色柄物をワンポイント取り入れて差し色にすると良いでしょう。
 黒黒は、「孤高」 「ヴィジュアル系」 を意識している 「俺カコイイだろ?フフン」 系の人に多く見られるコーディネートであり、オタクにもよく好まれています。しかし黒黒ほど難しい組み合わせは無く、初心者がやるとまず間違いなく野暮ったくなります。色柄物やマフラーなどの小物をうまく取り入れる事でオシャレに見せる事は可能ですが、原則的には避けるべきでしょう。
 緑橙緑赤は一昔前に多くの服に使われ過ぎたので、避けてましょう。同じ理由により、"PORTER" の緑×橙タイプも避けておいた方が無難です。



オススメする上下の色のコーディネート

 黒赤 黒ターコイズ 黒ベージュ 茶色ベージュ 白ベージュ etc...
 色の組み合わせの王道は 「反対色・補色・余色(=混ぜて白を加えると灰色になる2つの色の事)」 。お互いにお互いを美しく引き立て合ってくれます。オタクは淡い色をよく好みますが、しかしそれだけでは地味・貧相に見えてしまいます。これは、赤・橙(暖色系)や紫など、派手目の色を少し取り入れるだけで改善されます。オタクの集団を見渡すと、目に優しい(笑)白・水色・青・紺・黒ばかりでどうもパッとしません。これらの他にもパッと目を引く色を加えていくと良いでしょう。
 黒は基本的に合わせ易い色ですが、上下黒黒だとシルエットが重暗くなってしまいます。黒を使う時には、黒自身を引き立たせる為に明るめのインナーやマフラーを使うなど、ポイントで明るい色を持ってきましょう。これは先程述べた内容と同じ事です。 「シャツと靴の色を統一する」 というのも、着こなしの基本です。絶対に失敗しません。



当サイト推奨コーディネート

 前述の通り、モノトーンの着こなしは一歩間違えれば 「俺カコイイだろ?フフン」 オーラが出てしまう為に注意が必要ですが、うまく着こなせたら怖いもの無しです。すぐに使えるテンプレートを用意したので是非参考にして下さい。 (サイトに掲載するためにわざわざ参考になるような服を買ってくるこの熱意。) ちなみにユニセックスです。女の子の場合、ジーンズの代わりにデニム台形スカートなんか穿いても良いでしょう。  この恰好をしても 「すんげえオシャレ」 なんて事はありません。普通の大学生レベルです。普通で全然良いんです。ここ数年主流の白地のスニーカーを中心にコーディネートを考える事が一番のポイントです。特に、重心があまり上にいかないように細身の服を使用して下さい。ダボダボした服でまとめると、スニーカーだけ浮いてしまうからです。



季節感の出し方

 白は冬にも使えますが、パステルカラーを中心とした服装は冬には合いませんし、また初夏以降に コーデュロイなどの 「暑そうな素材」 を使ったり黒中心のコーディネートをしてはいけません。当たり前と言えば当たり前ですが、夏でも全身真っ黒の変な人をたまーに見かけますので気を付けましょう。例えば冬に黒・茶・ベージュを使っていた場合、暖かくなる頃には茶・ベージュ・白に切り替えるなど、一段階明るくすると良いでしょう。



「ピンク」 を差し色にして着てみましょう

 意外かもしれませんが、「ピンク」 はほとんどの色(黒・茶・紫・紺・青・水色・緑・赤等々)と相性の良い、魔法の色です。それでも一歩間違えると 「林家ぺー&パー子」 のように下品になってしまいますが、「他のシャツのインナーに着て、端をチラッと見せる。」 ようにすれば、抜群の存在感を醸し出す事が出来ます。このような着こなしは、ピンクに限らず派手めの色柄物の基本です。



柄物のコーディネートの仕方

 例えば柄物のシャツを着たい場合、パンツは無地か、もしくは近くからでないと分からない位細かい柄(ピンストライプとか)に限られる、という原則がある事は御存知ですよね?では。普段チェック以外の柄物を着ない方に、正しい着こなしを画像付きで解説致します。こちらを御覧下さい。